NURO光では代理店による販売・営業を行っています。もちろん健全に事業を行う優良代理店も多いのですが、一方で強引な勧誘を行う代理店も少なからず存在します。今回は、悪質な代理店による勧誘の手口と対処方法や確認すべきポイントをご説明します。

なぜ電話勧誘に注意しなければならないのか

最初に断っておきたいのが、NURO光自体は優れたインターネットサービスだという点です。他のインターネットサービスと比べて、料金や通信速度など多く面で優れています。しかし悪質な電話勧誘を行う代理店を通して契約してしまうと、

・勝手にオプションに契約されている
・キャッシュバックが支払われない

など、損をしてしまったりトラブルに発展してしまったりする可能性が高いのです。したがって、電話勧誘には十分注意し、悪質な代理店に引っかかることのないように注意しなければなりません。

NURO光の代理店の電話営業の手法

NURO光の悪質な代理店では、以下のような電話営業をしかけてきます。あらかじめ把握して、いざという時に悪質な勧誘かどうか判断できるよう準備しておきましょう。

何度も電話をかけてくる

悪質な代理店は、一度電話で断っても二度三度と電話をかけてきます。しつこい勧誘に折れ、契約にこぎつけるのを狙っているのです。一度断られた電話勧誘を再度行うのは特定商取引法で禁止されています。複数回にわたって営業電話を行う業者は悪質だと考えて間違いありません。

詳しい説明をせずメリットだけ主張する

あらゆる物事にはメリット・デメリットがあります。しかし、悪質な代理店は契約させたいがために「今より安くなる」「今より早くなる」などメリットの説明に終始します。一切デメリットを話さない業者には十分に注意するべきです。

「機器を変えるだけで速度が速くなる」と勧誘する

「契約」「加入」などの言葉を使わない業者もいます。「今の契約のままで機器を変えるだけで速度がアップします」などと持ちかけることで、「機器を変えるだけなら・・・」と相手の心理的ハードルを下げさせているわけです。

そのままトントン拍子で話を進めているといつの間にか契約書に判を押していた、ということにもなりかねません。

「利用中のネット回線が使えなくなる」と不安をあおる

はじめに電話口で利用中のインターネットサービスを聞き出し、適当な理由をつけて「もうすぐそのネット回線は使えなくなりますよ」と不安をあおるのも悪質な代理店の常套手段です。焦っている相手に「こちらのサービスへ切り替えましょう」とセールスを持ちかけるのです。

NTTやSo-netの社員を名乗る

悪質な代理店の中には、自社の名前を名乗らず、NTTやソニー、So-netの社員、あるいは担当者だと名乗るケースもあります。

よく知らない代理店の名前ではなく、有名な企業名を出すことで相手に安心感を与えようとしているわけです。しかしこれらの通信事業者が電話営業を行うことはありません。むしろ悪質な代理店による勧誘だという確固たる証明です。

悪質な勧誘への対処方法

悪質な勧誘に引っかからないために大切なのは、「勧誘電話はすべて悪質な代理店によるものだ」という認識を持つことです。NURO光やSo-netが電話営業をすることはありませんし、優良な代理店であればわざわざ強引な営業電話を行う必要がないからです。

したがって、話を聞く中でインターネットのセールス電話だと判断できたら、その時点で電話を切ってしまうことをおすすめします。

「インターネットは使いません」
「最近他のサービスに契約しました」
「今利用しているサービスに不満はありません」

と断るのも1つの手ですが、電話の向こうにいるのは営業のプロです。話を聞いている内に良いように言いくるめられてしまう可能性もないとは言えません。したがって「一切話を聞く気がない」「とりつく島もない」と相手に判断させるのが最も効果的な対処方法なのです。

困ったときはサポートデスクに相談を

勧誘がしつこいようであれば、NURO光のサポートデスクに相談することをおすすめします。その際は、勧誘業者の会社名、担当者名、連絡先を控えておく話がスムーズに進みます。

NUROサポートデスク 
電話番号:0120-65-3810(無料)
受付時間:9:00~18:00 (1月1日、2日およびメンテナンス日を除く)

代理店と契約する時に確認したいポイント

電話勧誘には応じないのが基本ですが、もし話を聞いて魅力的だと感じた場合、あるいは話を聞かざるを得ない状況の場合は、以下のポイントを必ず抑えるようにしてください。確認が取れない場合、相手から対応を断られた場合は契約を断るべきです。

代理店の会社名を控える

勧誘手法でもご説明したように、電話営業や訪問営業では会社名を伏せてNTTやSo-netの名前を使うケースが多いです。しっかりと会社名と連絡先を確認するようにしましょう。健全な代理店であれば回答を得られるはずです。

会社のHPをチェック

会社名を聞いたら、ホームページをチェックし、電話などで言われた条件が正しいかを確認します。ホームページがない場合は、SNURO光のフリーダイヤルに問い合わせ実際に正規代理店としての登録(代理店コード)があるか確認を取ってください。

サポートデスクの確認

健全な代理店であればサポートデスクやそれに準じる窓口が必ず設置されています。ですから、契約時や利用中にトラブルがあった時はどこに問い合わせれば良いのか確認を取っておくようにしましょう。

解約の際の手続きの確認

契約時の条件だけでなく解約の際の手続きもしっかり確認しておきましょう。ネガティブな事柄にもしっかりと対応してくれるのが優良代理店の証です。オプション契約の解約条件や解約時の違約金等についても確認してください。

キャッシュバック全額受取の条件と受取時期の確認

代理店によっては、「最大〇万円!」と高額のキャッシュバックをアピールしつつも、複数のオプションに加入する、他者を紹介するなど条件がシビアなため、実際には額面ほどのキャッシュバックが得られないと言うことも珍しくありません。

ですから、表面的な金額の大きさに惑わされず、受け取れる条件を明確にしておくことが大切です。また受け取りの手続き期間が非常に短く設定されていることもありますので、その辺りのチェックも必要です。

契約内容を書面として残す

代理店と契約した場合、特にキャンペーン特典の受取と解約の際にトラブルが起こりやすいです。また、ホームページの記載はクレーム後に書き換える事が可能ですので、トラブル時の証明にならないケースもあります。

ですので、必ず契約時に契約内容や諸条件、それらに伴う料金を書面で確認し、署名をもらい、いざという時の保険として控えておきましょう。対応してもらえない代理店とは契約を結ばない方が賢明です。