NURO光では、開通月を含めた3ヶ月間月額500円でインターネットを利用できるワンコイン体験キャンペーンを実施しています。

非常にお得なサービスですが、メリットと同時にデメリットや注意すべき点も複数あります。長所・短所をしっかりと把握してから利用を決めましょう。

ワンコインキャンペーンのメリット

NURO光の速度を低コストで体感できる

フレッツ光をはじめとした国内大手光回線サービスの多くが最大通信速度1Gbpsであるのし対し、NURO光はその2倍となる最大速度2Gbpsを掲げています。この超高速度の体験をワンコインでできるのは大きなメリットと言えるでしょう。

工事費・契約事務手数料が実質無料

ワンコイン体験キャンペーンを申し込むと、初期費用として発生する基本工事費40,000円と契約事務手数料3,000円が無料となります。基本工事費については、元々分割の30回払いで支払うシステムとなっているのですが、同額が毎月割引されて相殺される形となります。契約事務手数料は加入した段階で完全に無料扱いとなります。

3ヶ月以内なら解約費用がかからない

体験期間である3ヶ月以内に利用を停止する場合、契約解除料や工事費残債が発生しません。通常の2年契約プランであれば、途中解約の場合、解除手数料9,500円と基本工事費の最大40,000万円を支払うことになりますが、そのリスクを背負わなくて良いのは安心です。

継続利用の場合はさらに3ヶ月割引

最大3ヶ月の体験期間終了後、継続して利用を続ける場合は、月額基本料金が通常4,743円のところ、3ヶ月間2,980円で利用することができます。開通月からの計6ヶ月で、月額料金がおよそ18,000円お得になる計算です。

ワンコインキャンペーンのデメリット(注意点)

対象外となるケースに注意

ワンコイン体験キャンペーンは、すでにSo-net会員になっている場合や過去にNURO 光のコース特典を受けている場合は対象外となります。他キャンペーンの特典を獲得した後にワンコイン体験に申し込むことはできませんので注意が必要です。

体験期間が終了すると自動継続となる

体験期間終了日(回線の開通工事完了月を含む3ヶ月目の末日)までにNURO光を解約しなかった場合は、自動的に2年契約として利用継続となります。翌月以降は月額基本料金が体験期間終了後の特典料金である2,980円に変更され、また解約時には契約解除料と工事費未払分の支払いが発生しますので注意が必要です。

キャッシュバックが適用されない

NURO光では、2年契約プランに新規入会した場合やコース変更した場合に35,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています。しかし、ワンコイン体験キャンペーンで加入した場合にはこのキャッシュバックが適用されません。入会から6ヶ月間の料金はワンコイン体験の方が安いのですが、契約期間である2年間の費用収支を考えるとキャッシュバックをもらった方がお得になるのです。

契約手数料 開通月~3ヶ月目 4~6ヶ月目 7~24ヶ月目 キャッシュバック 2年間の費用
ワンコイン なし 500円 2,980円 4,742円 なし 95,796円
キャッシュバック 3,000円 4,742円 4,742円 4,742円 35,000円 81,808円

ワンコインキャンペーンとキャッシュバックキャンペーンの開通月から6ヶ月目までの基本料金の合計差額は約18,000円で、契約手数料を含めても21,000円の差しかありません。キャッシュバック額の35,000円に14,000円ほど差があり、どちらも同様に工事費は無料となりますので、キャッシュバック特典の方が還元額は大きいのです。

ただし、ワンコインキャンペーンの方は、体験期間内の3ヶ月間であれば解約しても契約解除料や工事費の未払い分が請求されないというメリットがあります。したがって、3ヶ月以内に解約する可能性が少なからずある場合には、ワンコイン体験キャンペーンの利用を視野に入れても良いでしょう。

回線撤去には費用がかかる

体験期間内の解約であれば工事費の請求は発生しませんが、不要となった光回線を撤去する際には10,000 円 (税抜)の費用が発生します。賃貸住宅であれば原状復帰が基本となりますので、撤去作業は欠かせません。

また、持ち家であっても他社の光回線サービスを導入する際に撤去が必要となります。撤去費用が発生する可能性は非常に高いと考えて良いでしょう。

光でんわに加入する際は解約タイミングに注意

NURO光には、オプションサービスとして光回線で固定電話を利用できる「NURO 光でんわ」というサービスがあります。アナログ電話よりも料金が安くなる、ソフトバンクケータイの割引が受けられるようになるなど多くのメリットがあるのですが、ワンコイン体験キャンペーンで同時加入する場合は注意が必要です。

NURO光を解約した後、乗り換え先の光電話サービスでも同じ番号を引き継ぐ「ナンバーポータビリティ」を利用する場合は、その一連の手続きが完了するまで解約したことになりません。このケースで解約のタイミングが体験期間を超えた場合でも、通常通りの解約金および工事費の未払い分が請求されてしまうのです。

ナンバーポータビリティの手続きは1週間以上かかることも珍しくありません。もし「光でんわ」に加入していて解約を視野に入れている場合は、早めの判断を心がけた方が良いでしょう。

Wi-Fiレンタルサービスで間を置かずネットを楽しめる

ワンコイン体験に限ったものではありませんが、NURO光では加入者を対象にWi-Fiレンタルサービスを提供しています。NURO光に限らず、光回線の導入は利用できるようになるまで1ヶ月以上かかることも珍しくありません。その空白期間を埋められるように、Wi-Fiレンタルを行っているというわけです。

料金については、1ヶ月の無制限プランで 3,980円でレンタルが可能です。翌日発送や1日単位でのレンタルにも対応可能で、返却時はコンビニや宅配を利用できるため手間もかかりません。NURO光を利用したいけれどインターネットが使えない期間があるのは嫌だという方には、うってつけのサービスではないでしょうか。