固定電話の電話番号をNUROの光電話サービスに引き継ぐ「MNP」を行う際には、NTT加入権の休止、復活という手続きが必要です。不都合なく光電話に移行する際には必ず必要なプロセスですので、しっかり内容と方法を確認しておきましょう。

MNPとは?

MNP(モバイルナンバーポータビリティー)とは、他社の電話サービスに乗り換える際、以前使用していた電話番号をそのまま引き継ぐシステムのことです。携帯電話では一般的に認知されているシステムですが、固定電話の乗り換えでも電話番号の引き継ぎを行うことが可能です。固定電話の場合、正確にはLNP(ローカルナンバーポータビリティー)と呼ばれます。

少し前まで、固定電話といえばNTTの電話回線を介したアナログ電話が主流でした。今でもそのような世帯は多いと思われますが、現在では光ファイバーを利用した光電話を提供している事業者が次々と登場し、アナログ電話よりも料金が安いために乗り換える人も増えています。

NURO光の光電話サービス「光でんわ」もその1つです。その一方、乗り換えた際に電話番号が変わってしまうと色々と不都合が生じてしまいます。そこでLNPを利用することで、光電話に乗り換えてもアナログ電話と同じ電話番号を利用できるようにするのです。

NTT加入権とは?

固定電話で電話番号の引き継ぎを行う場合に欠かせない手続きがあります。それがNTT加入権の休止と復活です。

NTT加入権とは、電話回線を引いて固定電話を利用できる権利のことです。所定の金額を支払うことで電話を利用する権利と電話番号を取得することができます。現在のように携帯電話や光電話がなかった時代は、大半の世代がNTT(電話)加入権を得て自宅にアナログ電話を引き込みました。

NTT加入権があると電話番号の引き継ぎが可能

現在、NTT加入権の取得しようとする場合、総額で40,000円近くの費用が発生します。決して安くはない金額ですので、新たに取得しようという人は少ないかもしれません。自宅に固定電話を引く場合は、契約しているインターネットサービスが提供する光電話を導入して電話番号を取得するケースが多いでしょう。

しかし、NTT加入権に付随する電話番号には他にはないメリットがあります。それは、他の会社の電話回線でも同じ電話番号を使い続けることできるという点です。

現在のシステム上、ある光電話サービスで取得した番号を他社の光電話で引き続き使用することはできません。たとえば、au光の光電話サービスで取得した電話番号は、その後NURO光の「光でんわ」に乗り換えた際に使用することはできないのです。

一方、NTT加入権に付随する電話番号、つまりアナログ電話の電話番号の場合は、NURO光を含めた光電話サービスに引き継ぐことができます。したがって、固定電話で番号の引き継ぎを行う際はNTTのアナログ電話の番号を持っている必要があるのです。

NTTアナログ電話からNURO光に乗り換える際の手続き

NTTのアナログ電話からNURO光の「光でんわ」に乗り換えるには、NTT加入権を休止させる必要があります。加入権の休止とは、NTTに一旦番号を預ける処理です。NTT加入権がある電話番号をNTT以外の固定電話で使う場合には、この処理が必要です。

NTT加入権を休止させる方法

NURO光の「光でんわ」に乗り換える際の加入権の休止手続きは、NURO光に申し込めば先方の方で行ってくれます。本人が手続きをする必要はありません。もし自身で休止手続きを行う場合は、NTTのホームページ、もしくは電話で申し込むことができます。Webサイトから休止の予約をすると、NTTから折り返し連絡があります。その電話で確認のうえ、休止の処理という流れです。

〈NTT電話番号〉
固定電話から連絡:116(局番なし)
携帯電話・PHS・NTT以外の固定電話から連絡:0120-116-000(東日本)0800-2000116(西日本)
受付時間:午前9時~午後5時 土日・祝日も営業(年末年始を除く)

なお、どちらの場合でも休止の工事費としてNTTに2,000円を支払う必要があります。

他社の光電話からNURO光に乗り換える際の手続き

アナログ電話ではなく、他社の光電話からNURO光に乗り換える場合、番号を引き継ぐにはNTTの加入権を復活させる必要があります。以前の光電話で使用した電話番号をNTT一度NTTのアナログ電話に戻し、その上で加入権を再度休止し、NURO光に電話番号を引き継ぐというプロセスを経る必要があるのです。

〈光電話から光電話に電話番号を引き継ぐ手順〉
1、NTT加入権を復活(いったんNTTアナログ回線に戻す)
2、NURO光の電話開通
3、NTT加入権を休止してNURO光に番号を移す
4、以前の光回線のインターネット解約

このような手間が発生するのは、光電話同士でダイレクトに電話番号を引き継げないためです。その関係上、先ほどもご説明しましたが光電話で取得した電話番号の場合はNURO光に引き継ぐことはできません。元を辿った際にアナログ電話由来の電話番号である必要があるのです。

なお、NURO光の電話が開通する前に以前の光回線を解約すると電話が使用できない空白期間が生まれてしまいます。順番を逆にしないように気をつけましょう。

NTT加入権を復活させる方法

NTT加入権の復活は、休止とは違って電話のみの受付となっています。連絡先は休止する場合と同じです。復活の場合も、引越しや新規加入の場合と同じように工事費が発生します。工事費は、電話設備の状況等により、2,000円~10,000円と幅がありますが、工事をする家に特別の事情がない限りは2,000円と考えておいてほぼ問題ないでしょう。

加入権は休止してから10年放置すると解約扱いとなる

NTT加入権の休止期間は5年に設定されています。5年が経過すると更新の手紙が届きますので、それに従って更新すれば休止の延長が可能です。一方、利用休止期間の延長、または加入電話等の再利用の申し出がない場合は、NTTで休止期間を5年間、自動的に延長します。何もしなくても10年は休止期間になるわけです。

ただし、休止工事日から10年間にわたって連絡をしない場合は、解約扱いとなり加入権が消滅してしまいます。そうなると電話番号の引き継ぎもできなくなってしまいますので、定期的な確認を忘れないようにしましょう。

NTT加入権の状態を知るには?

ご自身の電話番号についてNTT加入権を所持しているか、それとも解約扱いになってしまっているのかわからない方は、NTTに問い合わせれば確認することができます。こちらの連絡先もNTTの加入休止・復活を行う際と同じです。不安な方は早めに確認しておくと良いでしょう。