NURO光では、光回線を利用した固定電話サービスを利用することができます。NURO光の電話サービスの利用料金や導入するまでの流れ、実際に使っている人の評判などをご紹介しますので参考にしてみてください。

NURO光でんわとは

NURO光でんわは、光回線を利用して固定電話を利用できるシステムです。NTTのアナログ電話を利用中であれば、光でんわに切り替えることで通話など各種料金がお得になる上、番号ポータビリティで現在使用している電話番号をそのまま使うことができます。

NURO光でんわの料金

NURO光でんわの基本料金は以下のとおりです。

内容 料金
初期費用 回線工事費 3,000円
月額費用 基本料金 関東 500円
東海・関西 300円
ユニバーサル料 2円

初期費用として回線工事費に3,000円かかるものの、NTTのアナログ電話の月額利用料が1,500円前後かかりますので、月額料金の差を考えれば非常にお得になると言えるでしょう。

また、通話料金については以下のとおりです。

通話先/時間帯 料金
ソフトバンクグループ 無料
国内一般・IP電話 7.99円/3分
国内携帯電話 8~23時 25円/1分
23~8時 20円/1分
国内PHS 10円/1分+
1通話につき10円
国際電話 固定電話 7.99円~/3分
衛星電話 270円~/ 1分

NTTのアナログ電話であれば、国内の一般電話にかけた場合は近距離なら3分8円程度、距離が遠くなれば3分で数十円の出費になりますので、通話料金が一律で3分8円を切る点は非常にコストパフォーマンスに優れていると言えます。また、NURO光でんわ同士で通話する場合や、BBフォンやホワイト光電話などのソフトバンクグループの電話にかけるさいは通話料金が完全無料となります。利用環境によっては大きなメリットを受けることができるでしょう。

NURO光でんわでFAXは使える?

NURO光でんわでは基本的FAXを利用することは可能です。ただし使用している電話機によってはFAXが光回線に対応しておらず使用できない可能性があります。また、G4 FAXとよばれる規格には対応していません。G4FAXはデジタル回線に対応した規格で高速度・高画質が特徴ですが、それほど普及していませんのでまず問題はないでしょう。

NURO光でんわの利用開始までの流れ

光でんわは申し込むタイミングによって、利用開始までの流れが異なります。

・NURO光のインターネット回線と同時に申し込む
・NURO光のインターネット回線が開通した後に申し込む

このどちらかで対応の仕方も変わりますので、当てはまる方をしっかり確認しておくようにしましょう。

NURO光と同時に申し込む場合の流れ

WEBで申し込む場合は、NURO光オプション選択で「NURO光でんわ」を選択します。電話で申し込む場合は、光でんわ加入の旨を伝えてください。その後、光回線の宅内工事および屋外工事の際に光でんわの工事も一緒に行われます。この時点でインターネットは利用できるようになりますが、光でんわの利用開始まではまだ期間を要します。

新規電話番号を取得する場合は、屋外工事から2営業日程度で光でんわが利用できるようになります。番号ポータビリティを利用する場合は、交換局で工事を行う必要があるため屋外工事終了から約2~3週間ほど期間が必要となります。番号ポータビリティ工事の日程はあらかじめ告知されます。工事は交換局で行われるため、利用者の立ち合いは必要ありません。

NURO光の開通後に申し込む場合の流れ

「NURO 光ユーザーWeb」という会員ページから光でんわに申し込むと、約3日後に光でんわの利用に必要なテレフォニーアダプタ(TA)という機器が届きます。光回線と同時申し込みの場合は業者が設置してくれますが、後から申し込む場合は自身で設置する必要があります。その後、新規電話番号の場合は約5日後、番号ポータビリティを利用する場合は交換局での工事が完了した約2~3週間後に光でんわが利用できるようになります。

どちらも場合も光でんわを利用できる状態になるとNUROの提供元であるSo-netから利用開始メールが届きます。電話が使用できない期間が生じないよう、それまで利用していた電話回線を解約するのはこの通知が届いてからにしましょう。
なお、光でんわを利用する際にはNTT電話の加入権というものを休止する必要があります。手続き自体はNURO光の方で行ってくれますが、休止工事費が2,000円かかりますので、その費用も計算に入れておいてください。

光でんわの評判は?

NURO光の光でんわのSNS上での評判をご紹介します。好意的な意見、ネガティブな意見、疑問など様々ですが、導入検討の参考にしてみてください。

他社に乗り換える際の手続きは?

NURO光から他社の光でんわに乗り換える際やアナログ電話に戻す際、電話番号を継続利用する場合と新規電話番号を取得する場合で手続きが異なります。

電話番号を継続利用する場合の手続き

NURO 光 でんわで利用中の電話番号を継続利用する場合は、変更先のNTTや事業者で番号の継続利用の手続きを行ってください。番号ポータビリティ工事完了後、NURO 光 でんわは自動的に解約となります。

継続利用ができるのはNTT発の電話番号のみ

電話番号を継続利用できるのは、元々 NTT より発番された電話番号を利用している場合のみです。他の光電話など、それ以外の手段で取得した電話番号は引き継ぐことができません。NURO光でんわで取得した電話番号も他社で使用することはできません。

電話番号を新規取得する場合の手続き

新しく電話番号を取得して他事業者に乗り換える場合は、まず乗り換え先で電話サービスの加入手続きを行います。その後、乗り換え先で電話が利用できるようになったら、NURO光のサポートデスクに連絡して電話番号の廃止手続きを行ってください。

解約時の費用

解約時には解約費用としてNURO光でんわ解約工事費が発生します。

・利用中の電話番号が番号ポータビリティした番号の場合
・利用中の電話番号がNURO光でんわで新規に発行した番号の場合

それぞれで発生する費用が異なります。

〈番号ポータビリティした番号の場合〉
・ソフトバンクテレコム交換機等工事費:1,000 円
・番号ポータビリティ工事費:1,500 円

〈NURO光でんわで新規に発番した番号の場合〉
・ソフトバンクテレコム交換機等工事費:1,000 円
・番号ポータビリティ工事費:なし

なお、解約のときにはテレフォニーアダプタという機器を返却する必要があり、解約完了の4日後以降に指定業者が引き取りに向かいます。返却期限までに返却しない場合、紛失・破損した場合には機器損害金として12,000円が請求されますので、利用中は大切に扱い、解約後は速やかに返却するようにしましょう。